8月17日のアメリカ株式市場は米中貿易戦争緩和期待で上昇するも、NASDAQ主力株の一部がさえず

 8月17日のアメリカ株式市場は、NYダウが前日比110ドル59セント高の2万5669ドル32セント、NYSE総合は前日比66.98ポイント高の1万2908.27ポイント、NASDAQ総合は前日比9.806ポイント高の7816.330ポイントで終わりました。

 前半は小幅下落する場面もありましたが、ウォール・ストリート・ジャーナルが「22日から23日に米中の次官級の貿易協議を開き、米中の通商担当者が、11月の多国間首脳会議を目途に貿易摩擦解消に向けた交渉計画を立てている」と報じたことで、キャタピラーやボーイングが上昇し、ファイザーや地中海料理レストランのゾーイズキッチン、好決算が評価されたシスコシステムズも上げて取引を終えました。
 一方で、ウォルマート・ストアズやナイキ、マクドナルド、教育サービス企業のアドテレム・グローバル・エデュケーションやRV(レクリエーション車)販売・サービス企業のキャンピング・ワールド・ホールディングスが下落しました。

 NASDAQ市場では、主力株がさえず、PC向けグラフィックプロセッサやメモリ製品のエヌビディアとアプライドマテリアルズ、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベット、アマゾン・ドットコムやフェイスブックが下落しました。一方でアップルが4日続伸となりました。
 米証券取引委員会(SEC)が大衆向けEVセダン「モデル3」生産の情報公開を巡る問題など、複数の点について調査していると報じられたテスラが8.93%の下落となりました。キャッシング 審査時間

温泉卵をつくりに近くの温泉街に行ってきました。

休日の昨日、お天気もいいので小学生の娘と二人でお出かけしてきました。特に行先も決めていなかったのですが、娘が足湯にいきたいということで、近郊にある温泉街に行くことにしました。海沿いの温泉だったので、まずは砂浜で貝殻拾いをしたり、波打ち際で足をつけて遊んだりししてました。陽気はもう初夏の感じでしたが、海水温はさすがにつめたく長い間は足をつけていられませんでしたので、ほどほどにして足湯へ。足湯に足をつけながら娘と二人で次はどこに行こうかと色々話し合っていたのですが、そういえば、ここの温泉には温泉卵を作れる場所が数か所あるのを思い出し、二人で作りに行くことにしました。温泉街のおみやげ屋さんでも卵は購入できるのですが、割高なので近所のスーパーまで車を走らせ、6個パックの卵を購入して、作りに出かけました。温泉卵が作れる木箱のようなものの看板には「15分くらいでできます」とかいてあったので、卵を入れてしばらくは周辺を散歩したりしていました。15分経過し、戻ってみて一つ割ってみると見事な固ゆで卵ができてました。看板をよく読んでみると、80度で15分らしく、当日の湯の温度は93度だったので、入れる時間が長かったようです。残念な結果でしたが温泉で作ったゆで卵は家族にもおいしいと好評だったので次回はきっちり温泉卵が作れるように娘とリベンジを誓ったのでした。