温泉卵をつくりに近くの温泉街に行ってきました。

休日の昨日、お天気もいいので小学生の娘と二人でお出かけしてきました。特に行先も決めていなかったのですが、娘が足湯にいきたいということで、近郊にある温泉街に行くことにしました。海沿いの温泉だったので、まずは砂浜で貝殻拾いをしたり、波打ち際で足をつけて遊んだりししてました。陽気はもう初夏の感じでしたが、海水温はさすがにつめたく長い間は足をつけていられませんでしたので、ほどほどにして足湯へ。足湯に足をつけながら娘と二人で次はどこに行こうかと色々話し合っていたのですが、そういえば、ここの温泉には温泉卵を作れる場所が数か所あるのを思い出し、二人で作りに行くことにしました。温泉街のおみやげ屋さんでも卵は購入できるのですが、割高なので近所のスーパーまで車を走らせ、6個パックの卵を購入して、作りに出かけました。温泉卵が作れる木箱のようなものの看板には「15分くらいでできます」とかいてあったので、卵を入れてしばらくは周辺を散歩したりしていました。15分経過し、戻ってみて一つ割ってみると見事な固ゆで卵ができてました。看板をよく読んでみると、80度で15分らしく、当日の湯の温度は93度だったので、入れる時間が長かったようです。残念な結果でしたが温泉で作ったゆで卵は家族にもおいしいと好評だったので次回はきっちり温泉卵が作れるように娘とリベンジを誓ったのでした。